「健康」と「自然」これが山水観 湯川荘のテーマです。

この効能豊かで万人に合う柔らかな「温泉」にお入りいただくことと、この四季折々の豊かな「自然」の中にいらしていただくことで「健康」になっていただくこと。更にはなるべく周辺で採れるものを主体とした「自然」に近いものを召し上がっていただくことによって、心身ともに「健康」になってお帰りいただくこと。これが山水観湯川荘の願いです。。

白骨温泉 湯川荘|宿主ブログ|乳白色の温泉 無料利用できる貸切露天風呂の温泉旅館

白骨温泉 湯川荘 予約電話 0263-93-2226 予約申し込み お電話お問い合わせ先 TEL.0261-83-2332
白骨温泉 つり橋の宿 湯川荘 車で渡れる私設つり橋

白骨温泉 つり橋の宿 山水観 湯川荘 [宿主のブログ]

記事一覧

白骨温泉のお湯

ファイル 25-1.jpg

 これは焼酎ではありません。
「白骨温泉のお湯」です。

 当荘の創業当時からのごひいきのお客様の光景です。(白骨温泉のお湯をお持ち帰りになられる様子)
この白骨温泉のお湯を汲んでいったものがなくなられると、白骨温泉にお入りになりがてらまたこのお湯をお汲みになられるのです。この白骨温泉のお湯をお持ち帰りになられて、お飲みになられたり、お粥を炊かれたり、このお湯がないと元気でいられないと言う程このお湯は健康には理屈抜きで非常に良いようです。(幼児の方のオムツかぶれ、あせも等にも効果があります)
 写真のペットボトルはこの白骨温泉のお湯をお持ち帰りになられるには非常に便利になりました。 
 なぜか?
この白骨温泉には炭酸成分が多く含まれていることから、お持ち帰りになられる際に昔はこのようなスクリュウキャップのペットボトルがなく不自由していました。
この炭酸成分と言うものはスクリュウキャップですと、栓が抜けずにいいのですが、昔は一升瓶でお持ち帰りになられるより方法がなく、ご存知のように一升瓶の蓋はネジ状ではないので、蓋の上からラップを撒いてそれを輪ゴムで何重にも巻かないと移動中に炭酸分でキャップが飛んでしまうのです。
 その後ポリタンクが出回り、それでお持ち帰りにになられる方が多かったのですが、この3L位のペットボトルが出てきてからは、これがとても重宝しているようです。
 一度、白骨温泉にお越しになられると他では満足できない訳がここにもあるように思うのですが、、、、、、。

 
つり橋の宿 山水観 湯川荘 〒390-1515長野県松本市安曇白骨温泉4196 TEL (0263)93-2226 FAX (0263)93-2321mail@sansuikan-yu.com
白骨温泉 湯川荘 予約電話 0263-93-2226
予約申し込み お電話お問い合わせ先 TEL.0261-83-2332