「健康」と「自然」これが山水観 湯川荘のテーマです。

この効能豊かで万人に合う柔らかな「温泉」にお入りいただくことと、この四季折々の豊かな「自然」の中にいらしていただくことで「健康」になっていただくこと。更にはなるべく周辺で採れるものを主体とした「自然」に近いものを召し上がっていただくことによって、心身ともに「健康」になってお帰りいただくこと。これが山水観湯川荘の願いです。。

白骨温泉 湯川荘|宿主ブログ|乳白色の温泉 無料利用できる貸切露天風呂の温泉旅館

白骨温泉 湯川荘 予約電話 0263-93-2226 予約申し込み お電話お問い合わせ先 TEL.0261-83-2332
白骨温泉 つり橋の宿 湯川荘 車で渡れる私設つり橋

白骨温泉 つり橋の宿 山水観 湯川荘 [宿主のブログ]

記事一覧

暑中お見舞い申し上げます

ファイル 833-1.jpg

 白骨温泉 竜神の滝

白骨温泉でも午後1時の気温は28度です。
でも、湿度が50~60%くらいですので
日向は暑いですが、日陰に入ると「なんとなく涼しく」感じます。

 写真の竜神の滝は
絶え間なく水が流れているせいか
滝の下にいますと「涼しい風」が降りてくるようです。

もう2~3日程すると白骨温泉では「夜露」の時期になりますので
朝は「寒いくらい」の気温になる季節がやってきます。

すもも祭り

ファイル 817-1.jpg

 乗鞍高原の「すもも祭り」

 19日の日に、好天に恵まれた乗鞍高原で
「すもも祭り」が開催されました。
写真の白い花が「すもも」の花です。
 枝の形が分るような、そんな咲き方をする花です。

 写真のように
空の「青」、乗鞍岳の雪の「白」、そして高原の「緑」
 この季節に色が三段に見える風景は
乗鞍高原にしかない魅力の季節でしょう。

 乗鞍高原は先日から「水芭蕉」が咲いていて
花の季節を迎えています。
白骨温泉からは20分程のところでございますので
そんな旅もお勧めです。
乗鞍高原の情報はこちらから

日本で一番高い「バス停」です!

ファイル 816-1.jpg

 ここは日本一標高が高いバス停です。

例年5月15日には、乗鞍岳山頂までバスが運行開始します。
ご覧の写真は、標高2700mにある「畳平」というバス停です。

森林限界が2300mくらいからになりますので
雪がないところの緑色したものは「はいまつ」です。
そうです、ここは木が大きくならない場所なのです。
座ったままで2700mまで行かれるところは、ここだけです。
 白骨温泉からは「ほおのき平」というバス乗り換え場所まで
40分位です。そこからバスにお乗り換え戴きまして50分位で山頂です。
晴れた日には、このような日本の一番のご体験はいかがでしょうか。

ページ移動

 
つり橋の宿 山水観 湯川荘 〒390-1515長野県松本市安曇白骨温泉4196 TEL (0263)93-2226 FAX (0263)93-2321mail@sansuikan-yu.com
白骨温泉 湯川荘 予約電話 0263-93-2226
予約申し込み お電話お問い合わせ先 TEL.0261-83-2332