「健康」と「自然」これが山水観 湯川荘のテーマです。

この効能豊かで万人に合う柔らかな「温泉」にお入りいただくことと、この四季折々の豊かな「自然」の中にいらしていただくことで「健康」になっていただくこと。更にはなるべく周辺で採れるものを主体とした「自然」に近いものを召し上がっていただくことによって、心身ともに「健康」になってお帰りいただくこと。これが山水観湯川荘の願いです。。

白骨温泉 湯川荘|宿主ブログ|乳白色の温泉 無料利用できる貸切露天風呂の温泉旅館

白骨温泉 湯川荘 予約電話 0263-93-2226 予約申し込み お電話お問い合わせ先 TEL.0261-83-2332
白骨温泉 つり橋の宿 湯川荘 車で渡れる私設つり橋

白骨温泉 つり橋の宿 山水観 湯川荘 [宿主のブログ]

記事一覧

端午の節句

ファイル 962-1.jpg

 きのうは「端午の節句」でした。
こちらでは一月遅れになります。
五月ですと、やっと雪が消えたような季節ですので、、、、。

ファイル 962-2.jpg

 通常は「笹の葉」を採ってきて「ちまき」を作ってお祝いしますが
今年の笹の葉は、あまり良いようなものがないようでしたので
「ほおの葉」を採ってきて、作りました。

ファイル 962-3.jpg

 ほおの葉です。

ほおの葉も抗菌作用があるようですので
昔の人は賢いですね。

 笹の葉も、抗菌作用があるようです。
よくお寿司屋さんのカウンターで
笹の葉の上に握ったお寿司を出してくれるお店がありますが
酢で滅菌して、笹の葉で抗菌して、、、、、
日本人の智恵ですね。

野沢菜を漬けました。

ファイル 933-1.jpg

 本漬けの野沢菜です。

先日の「保平かぶ」とこの野沢菜は当荘の女将が漬けます。
たくあんと稲核菜のカブは社長が漬けます。

 今はお客様にお出ししている漬物は
女将の漬けた、保平のカブと野沢菜の「切漬け」です。

写真の「本漬け」は
野沢菜を長い状態で漬けることを言いますが
「切漬け」というのは
野沢菜を4㎝くらいに刻んだ状態で漬けるもののことをいいます。
そうしてつける方が早く漬かるので
少しでも早く食べたい時にはそのようにして漬けるのです。

今お客様にお出ししていますと
保平のカブは「売ってもらえますか!」
と言われる方が多い、人気?商品でしょうか。

最近は皆様にご好評の「たくあん」を漬けました。

ファイル 932-1.jpg

 今年の大根です。

今年のは、大きさがちょっと不揃いですが
一昨年の思いをするとぜいたくは言っていられません。

 自然に感謝です。

また今年も昨年とは配合などを変えてみましたが
どんな味になるのか楽しみです。

早ければ4月に漬け上がるかな。

ページ移動

 
つり橋の宿 山水観 湯川荘 〒390-1515長野県松本市安曇白骨温泉4196 TEL (0263)93-2226 FAX (0263)93-2321mail@sansuikan-yu.com
白骨温泉 湯川荘 予約電話 0263-93-2226
予約申し込み お電話お問い合わせ先 TEL.0261-83-2332