「健康」と「自然」これが山水観 湯川荘のテーマです。

この効能豊かで万人に合う柔らかな「温泉」にお入りいただくことと、この四季折々の豊かな「自然」の中にいらしていただくことで「健康」になっていただくこと。更にはなるべく周辺で採れるものを主体とした「自然」に近いものを召し上がっていただくことによって、心身ともに「健康」になってお帰りいただくこと。これが山水観湯川荘の願いです。。

白骨温泉 湯川荘|宿主ブログ|乳白色の温泉 無料利用できる貸切露天風呂の温泉旅館

白骨温泉 湯川荘 予約電話 0263-93-2226 予約申し込み お電話お問い合わせ先 TEL.0261-83-2332
白骨温泉 つり橋の宿 湯川荘 車で渡れる私設つり橋

白骨温泉 つり橋の宿 山水観 湯川荘 [宿主のブログ]

記事一覧

白骨温泉の湯船 ビフォー&アフター

ファイル 927-1.jpg

 お湯を抜いた湯船。

間仕切りの上の穴。

ファイル 927-2.jpg

間仕切りの下の穴。

ファイル 927-3.jpg

 穴を大きくした際に取れた、
温泉成分が固まった石のような析出物。

ファイル 927-4.jpg

 間仕切りの上の穴。
少し穴が大きくなりました。


ファイル 927-5.jpg

 間仕切りの下の穴。
こちらは大分大きく広がりました。

こういうことを年に2回程しないと
穴がふさがってしまいます。

温泉が出てくるまでは
このような固い塊にならないのですが
空気に触れると硬い石のようになります。

まさに白船温泉(浴槽)の管理

ファイル 851-1.jpg

 男性の湯船の下に空いている穴。


ファイル 851-2.jpg

 湯桶には、穴を大きくし時に取れた「石」?

白骨温泉の温泉成分は
地表に出てくると「石」のように固まってしまう性質がございます。

上の写真は穴が小さくなって
小指が通ることができないくらいに
小さくなってしまっていました。

下の写真の湯桶には
2カ所の穴を大きくした時に採れた「石」です。
この石は非常に硬く、ノミで叩いても中々割れないところもあります。

このようなことを一つの湯船(浴槽)で
年に2回程はしないといけない白骨温泉です。

湯船

ファイル 847-1.jpg

 この形、、、、、


ファイル 847-2.jpg

 何とも不思議、、、、、、


本日の当荘の湯船です。
お湯を抜いて掃除した状態がこの写真です。
白骨温泉のお湯は
空気に触れるとこのように固まる性質がありますが
この写真を見ますと
芸術というような「造形美」に見えるのは私だけでしょうか。

白骨温泉のすごさ、不思議さの凝縮した形に思います。

ページ移動

 
つり橋の宿 山水観 湯川荘 〒390-1515長野県松本市安曇白骨温泉4196 TEL (0263)93-2226 FAX (0263)93-2321mail@sansuikan-yu.com
白骨温泉 湯川荘 予約電話 0263-93-2226
予約申し込み お電話お問い合わせ先 TEL.0261-83-2332