「健康」と「自然」これが山水観 湯川荘のテーマです。

この効能豊かで万人に合う柔らかな「温泉」にお入りいただくことと、この四季折々の豊かな「自然」の中にいらしていただくことで「健康」になっていただくこと。更にはなるべく周辺で採れるものを主体とした「自然」に近いものを召し上がっていただくことによって、心身ともに「健康」になってお帰りいただくこと。これが山水観湯川荘の願いです。。

白骨温泉 湯川荘|宿主ブログ|乳白色の温泉 無料利用できる貸切露天風呂の温泉旅館

白骨温泉 湯川荘 予約電話 0263-93-2226 予約申し込み お電話お問い合わせ先 TEL.0261-83-2332
白骨温泉 つり橋の宿 湯川荘 車で渡れる私設つり橋

白骨温泉 つり橋の宿 山水観 湯川荘 [宿主のブログ]

記事一覧

白骨温泉の栂茸(まつたけ)

ファイル 837-1.jpg

 ただの大地に見えますが。


ファイル 837-2.jpg

 掘っていくとこのような「栂茸」(マツタケ)があります。
 白骨温泉では栂の木に「まつたけ」が出るのです。

ファイル 837-3.jpg

 先日の写真の答えですが
 この写真は先日(15日)の写真の下の方を拡大したものです。
 この写真に、にょきっと出ている栂茸の左上に
 茶色に見えているのは「栂茸」です。
 ですので答えは3本でした。

 その埋まっている所をよく見ますと
 出ている右側には石が写っていますが
 石でも根でも私達が掘ると、とても硬いものですが
 そのようなものでも押しのけて出てきますので
 栂茸そのものが非常に硬いものです。
 調理をしていますと「パキッ」っといって
 身が弾ける程の硬さです。

 

温泉の成分

ファイル 836-1.jpg

 貸切野天風呂「うりが」をお掃除した後。
 (透明で温泉がたまっています)


ファイル 836-2.jpg

 栓です。7月中頃に栓を新しくしたのですが
 温泉の成分が栓に付着しています。


ファイル 836-3.jpg

 栓を拡大した写真。
 ご覧のように、はじめは栓の上のように
 すべて木の色でしたが、白骨温泉は温泉の成分が付くと
 白い石のように見えるので、温泉に浸かっている部分は
 すべて白い石のように見えますね。
 この湯船もはじめは、木の色でした。

中秋の名月

ファイル 835-1.jpg

  お食事処「小梨」に飾られたお団子。

 おとといが満月だったようですが
白骨温泉はあいにくの曇り空でしたので
ぼやけて何となく見えていましたが
昨晩は写真のように
くっきりと満月のようにお月様を見ることができました。

 季節を楽しめることができる「日本」は
気持ちが豊かになりますね。
自然に感謝です。

ページ移動

 
つり橋の宿 山水観 湯川荘 〒390-1515長野県松本市安曇白骨温泉4196 TEL (0263)93-2226 FAX (0263)93-2321mail@sansuikan-yu.com
白骨温泉 湯川荘 予約電話 0263-93-2226
予約申し込み お電話お問い合わせ先 TEL.0261-83-2332