「健康」と「自然」これが山水観 湯川荘のテーマです。

この効能豊かで万人に合う柔らかな「温泉」にお入りいただくことと、この四季折々の豊かな「自然」の中にいらしていただくことで「健康」になっていただくこと。更にはなるべく周辺で採れるものを主体とした「自然」に近いものを召し上がっていただくことによって、心身ともに「健康」になってお帰りいただくこと。これが山水観湯川荘の願いです。。

白骨温泉 湯川荘|宿主ブログ|乳白色の温泉 無料利用できる貸切露天風呂の温泉旅館

白骨温泉 湯川荘 予約電話 0263-93-2226 予約申し込み お電話お問い合わせ先 TEL.0261-83-2332
白骨温泉 つり橋の宿 湯川荘 車で渡れる私設つり橋

白骨温泉 つり橋の宿 山水観 湯川荘 [宿主のブログ]

記事一覧

「稲核菜」のカブを漬けました。

ファイル 852-1.jpg

 稲核菜のカブ

綺麗な色をしているカブですね。
重しをして「水が上がる」と
これがまた、きれいなピンク色になります。

 土の中にはいろいろな色があるのでしょうか。

まさに白船温泉(浴槽)の管理

ファイル 851-1.jpg

 男性の湯船の下に空いている穴。


ファイル 851-2.jpg

 湯桶には、穴を大きくし時に取れた「石」?

白骨温泉の温泉成分は
地表に出てくると「石」のように固まってしまう性質がございます。

上の写真は穴が小さくなって
小指が通ることができないくらいに
小さくなってしまっていました。

下の写真の湯桶には
2カ所の穴を大きくした時に採れた「石」です。
この石は非常に硬く、ノミで叩いても中々割れないところもあります。

このようなことを一つの湯船(浴槽)で
年に2回程はしないといけない白骨温泉です。

「稲核菜」のカブ

ファイル 849-1.jpg

 稲核菜のかぶを干しています。

白骨温泉から30分程、松本方面に下った場所に
「稲核」という地籍がございます。
そこで採れる固有種です。
先日は白骨温泉から木曽方面に
行ったところで採れる「保平かぶ」を漬けましたが
こんな近くなのに、違う味なのです。

 違いを味わいにお越しください。
明日あたりに漬け込む予定ですので
早ければ1月に入ってすぐでしょうが
まあ1月中頃でしょうか???

 

ページ移動

 
つり橋の宿 山水観 湯川荘 〒390-1515長野県松本市安曇白骨温泉4196 TEL (0263)93-2226 FAX (0263)93-2321mail@sansuikan-yu.com
白骨温泉 湯川荘 予約電話 0263-93-2226
予約申し込み お電話お問い合わせ先 TEL.0261-83-2332