「健康」と「自然」これが山水観 湯川荘のテーマです。

この効能豊かで万人に合う柔らかな「温泉」にお入りいただくことと、この四季折々の豊かな「自然」の中にいらしていただくことで「健康」になっていただくこと。更にはなるべく周辺で採れるものを主体とした「自然」に近いものを召し上がっていただくことによって、心身ともに「健康」になってお帰りいただくこと。これが山水観湯川荘の願いです。。

白骨温泉 湯川荘|宿主ブログ|乳白色の温泉 無料利用できる貸切露天風呂の温泉旅館

白骨温泉 湯川荘 予約電話 0263-93-2226 予約申し込み お電話お問い合わせ先 TEL.0261-83-2332
白骨温泉 つり橋の宿 湯川荘 車で渡れる私設つり橋

白骨温泉 つり橋の宿 山水観 湯川荘 [宿主のブログ]

記事一覧

長く咲いている花。

ファイル 904-1.jpg

 シオンの花

白骨温泉のあちこちに咲きだしました。
 この花は10月の中旬頃まで
次から次に咲く花です。
この8月下旬の日中は気温が30℃くらいになります。
10月の中頃は霜が当たるか当たらないかの季節になります。
 一つの株が長く咲くわけではないのですが
一つの種(しゅ)として様々な環境で咲いています。

 環境が変わっても咲く力。
私達、人間もそんな力を発揮する機会でしょうか。
 

残暑お見舞い申し上げます

ファイル 903-1.jpg

 残暑お見舞い申し上げます。

 本日は関東全域に「熱中症アラート」が発表されて
厳しい暑さに見舞われているようでございますが
写真は白骨温泉の「竜神の滝」です。

 自然のクーラーのように「さわやかな涼しい風」が
頬を撫でます。

新型コロナと暑さの中でしょうが
ご自愛なさってお過ごしください。

自然の力。

ファイル 902-1.jpg

 ようやく夏本番の日差しになってきました!

強い日差しを受けると
このような「涼感」のある風景を求めたくなりますね。

この写真は、自然の不思議というか
当たり前の力を感じることができる写真です。

 先月7日からの豪雨があり
7月は例年の4倍ほどの降水量だったようでしたので
ようやく普段のような水量に戻ってきました。

 豪雨の際には、ものすごい濁流が続いていましたが
豪雨の前の川の風景は
河川工事があり、その後の復旧作業では
本来の「湯川」の風景でないような景観になっていました。

 それがこの豪雨により
本来の「湯川」の流れになり、私の気持ちの中では
納得のいく風景になりました。
川の背から次の淵に落ち込む際に
少しの段差があって、その段差で空気を巻き込むように
荒々しくしく水しぶきを上げ、また次々に空気を巻き込みながら流れていく、、、、

 ようやく「湯川らしい」表情になりました。

これが自然なんでしょうか。

ページ移動

 
つり橋の宿 山水観 湯川荘 〒390-1515長野県松本市安曇白骨温泉4196 TEL (0263)93-2226 FAX (0263)93-2321mail@sansuikan-yu.com
白骨温泉 湯川荘 予約電話 0263-93-2226
予約申し込み お電話お問い合わせ先 TEL.0261-83-2332