「健康」と「自然」これが山水観 湯川荘のテーマです。

この効能豊かで万人に合う柔らかな「温泉」にお入りいただくことと、この四季折々の豊かな「自然」の中にいらしていただくことで「健康」になっていただくこと。更にはなるべく周辺で採れるものを主体とした「自然」に近いものを召し上がっていただくことによって、心身ともに「健康」になってお帰りいただくこと。これが山水観湯川荘の願いです。。

白骨温泉 湯川荘|宿主ブログ|乳白色の温泉 無料利用できる貸切露天風呂の温泉旅館

白骨温泉 湯川荘 予約電話 0263-93-2226 予約申し込み お電話お問い合わせ先 TEL.0261-83-2332
白骨温泉 つり橋の宿 湯川荘 車で渡れる私設つり橋

白骨温泉 つり橋の宿 山水観 湯川荘 [宿主のブログ]

記事一覧

穏やかな光に包まれて。

ファイル 898-1.jpg

 7月の上旬から続いた大雨
その大雨から、日本の至る所で
災害が起こっていますが
被災なされた皆様には
心よりお見舞い申し上げます。

 あれから中々晴れることがなく
ようやく穏やかな日になりましたので
当荘の水の源泉を点検に出かけた一コマです。

 この写真では少し解かりずらいのですが
右側には水が流れているのが見えます。
中程と左側にも、水が勢いよく流れています。
 ここは普段、まったく水が流れていないのですが
この大雨の影響で、すごい水量で流れています。
このように水を山に貯めないで
沁み込んだ水を排出してくれて
山崩れなどをしないようにしてくれているのかと思って
この写真の木漏れ日が当たった森を見ていますと
何だか多くの神様に護られているようで
自然と頭が下がって参ります。
自然に感謝です。

白骨温泉の花 6月

ファイル 897-1.jpg

 クレソンの花。

この花もよく見るときれいな花ですね。
学名は「オランダガラシ」というそうです。

 最近は自生しているクレソンを
見かけなくなりましたが
先日ある人が言っていました。 
猿は根まで食べてしまうので
絶滅に等しい状態のようです。
 白骨温泉周辺ではサルの群れが
多く見かけますので
これこそ「自然破壊」だと思います。
 地元の人間は
必ずまた来年も収穫できるように、という気持ちで
言わずもがなのルールでしょう。

白骨温泉の花 6月

ファイル 896-1.jpg

 「やまぼし」です。

2階の客室「やまぼし」のベランダ越しに咲いています。
今年は余り花の数が多くないようですので
ちょっと寂しい気持ちです。
 この花は長くいい状態を保ってくれますので
それなりに楽しもうかなあっと思います。

ページ移動

 
つり橋の宿 山水観 湯川荘 〒390-1515長野県松本市安曇白骨温泉4196 TEL (0263)93-2226 FAX (0263)93-2321mail@sansuikan-yu.com
白骨温泉 湯川荘 予約電話 0263-93-2226
予約申し込み お電話お問い合わせ先 TEL.0261-83-2332