「健康」と「自然」これが山水観 湯川荘のテーマです。

この効能豊かで万人に合う柔らかな「温泉」にお入りいただくことと、この四季折々の豊かな「自然」の中にいらしていただくことで「健康」になっていただくこと。更にはなるべく周辺で採れるものを主体とした「自然」に近いものを召し上がっていただくことによって、心身ともに「健康」になってお帰りいただくこと。これが山水観湯川荘の願いです。。

白骨温泉 湯川荘|宿主ブログ|乳白色の温泉 無料利用できる貸切露天風呂の温泉旅館

白骨温泉 湯川荘 予約電話 0263-93-2226 予約申し込み お電話お問い合わせ先 TEL.0261-83-2332
白骨温泉 つり橋の宿 湯川荘 車で渡れる私設つり橋

白骨温泉 つり橋の宿 山水観 湯川荘 [宿主のブログ]

記事一覧

湯船

ファイル 847-1.jpg

 この形、、、、、


ファイル 847-2.jpg

 何とも不思議、、、、、、


本日の当荘の湯船です。
お湯を抜いて掃除した状態がこの写真です。
白骨温泉のお湯は
空気に触れるとこのように固まる性質がありますが
この写真を見ますと
芸術というような「造形美」に見えるのは私だけでしょうか。

白骨温泉のすごさ、不思議さの凝縮した形に思います。

「保平菜のかぶ」が漬かりました!

ファイル 846-1.jpg

 保平かぶ

 このカブは白骨温泉から40分程行ったところにある
奈川地区にある食材です。
 この食材は酢漬けにするのですが
酢漬けにすると写真のように
きれいな赤い色に漬かるのが特徴でしょうか。


 周りが赤い色をしていますが
酢漬けにするとこのように全体が赤くなります。

 あとでまた、違うカブをご案内しますが
飛騨の赤かぶが有名でしょうが
白骨温泉から1時間以内には
また違った「かぶ」がございます。

漬物は発酵食品ですので
お身体には、大変よろしい食材になるのでしょう。
是非、お試しくださいませ。

「たくあん」を漬けました。

ファイル 845-1.jpg

 昨年はこの大根の4倍ほどの大きさがありましたので
どうやって漬けようか、悩んで漬けました。
半分に割った状態で漬けたので、心配していましたが
形はぺっしゃんこになってしまいましたが
味はまあまあに仕上がりました。
 今年のはご覧のように良い大きさ、良い形をしていると思います。
お天道様にも十分あたり、歯応えもいいと思います。


ファイル 845-2.jpg

 このように漬物石が4っつ乗っています。
このようにして、水を上げるのですが、、、、、

 今日はちょっと心配なことがあります。
白骨温泉では昔は11月中頃からは「寒い日」がほとんどですが
週間予報を見ていますと、寒い日がないのです。
 今日漬けるか迷ったのですが
大根が悪くなると勿体ないし、、、、
寒くないと発酵して味が良くないと困るし、、、、、

どうなるのか心配です。

ページ移動

 
つり橋の宿 山水観 湯川荘 〒390-1515長野県松本市安曇白骨温泉4196 TEL (0263)93-2226 FAX (0263)93-2321mail@sansuikan-yu.com
白骨温泉 湯川荘 予約電話 0263-93-2226
予約申し込み お電話お問い合わせ先 TEL.0261-83-2332