「健康」と「自然」これが山水観 湯川荘のテーマです。

この効能豊かで万人に合う柔らかな「温泉」にお入りいただくことと、この四季折々の豊かな「自然」の中にいらしていただくことで「健康」になっていただくこと。更にはなるべく周辺で採れるものを主体とした「自然」に近いものを召し上がっていただくことによって、心身ともに「健康」になってお帰りいただくこと。これが山水観湯川荘の願いです。。

白骨温泉 湯川荘|宿主ブログ|乳白色の温泉 無料利用できる貸切露天風呂の温泉旅館

白骨温泉 湯川荘 予約電話 0263-93-2226 予約申し込み お電話お問い合わせ先 TEL.0261-83-2332
白骨温泉 つり橋の宿 湯川荘 車で渡れる私設つり橋

白骨温泉 つり橋の宿 山水観 湯川荘 [宿主のブログ]

記事一覧

ブログ更新再開のお知らせ

ファイル 803-1.jpg

長らくお休みをしておりましたブログ更新ですが、この度、システムを再構築致しましたので近日中にまた、当荘からの最新情報をお届けいたします。

過去の投稿データの再構築が完全ではないため、皆様にはご迷惑をおかけ致しますが、なにとぞ、ご容赦を賜りますようお願い申し上げます。

白骨温泉の紅葉情報

ファイル 801-1.jpg

 紅葉した山ぶどうの葉。
 
先日の強い風に葉が落ちました。
この山ぶどうの葉は恋の予感???

ハート型です。 
両脇に立って、ハイポーズ!

今晩からは、夜には6度前後まで気温が下がる予報です。
そういう冷え込みになると一気に紅葉が進むのではないでしょうか。

このような経過ですと
白骨温泉周辺は13日頃からきれいな色になってくるのではないでしょうか。

こんな白骨温泉の栂茸

ファイル 800-1.jpg
 
 普通の地面ですよね。
  
  


ファイル 800-2.jpg
  
 ちょっと地面を「はぐる」とこの状態。
  
よく見ると木の根が
横から縦から2本くらいづつ伸びて
栂茸の笠を抑えていて、地上に出られない状態でした。
きちっと荷造りした郵便小包のように見えませんか。
  
  

ファイル 800-3.jpg
  
 掘り出した状態。

上の方から延びようとしていたようですが
余りにも木の根が有り過ぎたようです。
 
一本位の根ですと
笠が根を避けて、笠が二つのように成長しているものもあります。

これはちょっとかわいそうでしたね。

※栂茸とは 松茸です。赤松に出るのがマツタケ。栂に出るのがツガタケ。栂茸は松茸の香りの3倍程強いそうです。

ページ移動

 
つり橋の宿 山水観 湯川荘 〒390-1515長野県松本市安曇白骨温泉4196 TEL (0263)93-2226 FAX (0263)93-2321mail@sansuikan-yu.com
白骨温泉 湯川荘 予約電話 0263-93-2226
予約申し込み お電話お問い合わせ先 TEL.0261-83-2332