「健康」と「自然」これが山水観 湯川荘のテーマです。

この効能豊かで万人に合う柔らかな「温泉」にお入りいただくことと、この四季折々の豊かな「自然」の中にいらしていただくことで「健康」になっていただくこと。更にはなるべく周辺で採れるものを主体とした「自然」に近いものを召し上がっていただくことによって、心身ともに「健康」になってお帰りいただくこと。これが山水観湯川荘の願いです。。

白骨温泉 湯川荘|宿主ブログ|乳白色の温泉 無料利用できる貸切露天風呂の温泉旅館

白骨温泉 湯川荘 予約電話 0263-93-2226 予約申し込み お電話お問い合わせ先 TEL.0261-83-2332
白骨温泉 つり橋の宿 湯川荘 車で渡れる私設つり橋

白骨温泉 つり橋の宿 山水観 湯川荘 [宿主のブログ]

記事一覧

「たくあん」のもとです。

ファイル 928-1.jpg

 「たくあん」に使う大根を干しています。

当荘にご宿泊をなされたお客様は
この写真を見られるとお分かりかと思いますが
ご朝食にお出ししている「たくあん」の大根です。

 毎年大きさが違うので
どうやって漬けようかと干しながら考え中です。
 毎年どうしたら去年よりおいしく漬かるかと思って
漬けていますが、毎年違ったことにチャレンジしています。
 ある意味、冒険ですが。

白骨温泉の湯船 ビフォー&アフター

ファイル 927-1.jpg

 お湯を抜いた湯船。

間仕切りの上の穴。

ファイル 927-2.jpg

間仕切りの下の穴。

ファイル 927-3.jpg

 穴を大きくした際に取れた、
温泉成分が固まった石のような析出物。

ファイル 927-4.jpg

 間仕切りの上の穴。
少し穴が大きくなりました。


ファイル 927-5.jpg

 間仕切りの下の穴。
こちらは大分大きく広がりました。

こういうことを年に2回程しないと
穴がふさがってしまいます。

温泉が出てくるまでは
このような固い塊にならないのですが
空気に触れると硬い石のようになります。

白骨温泉の今朝の風景。

ファイル 926-1.jpg

 今朝のつり橋。

また積雪がありました。
(異常気象ではありません)
先日は橋以外の所にも雪が積もりしたが
今日はつり橋だけでした。

 そろそろ水墨画のような風景になる季節が近づいて参りました。
先日は、木の葉にに色が着いていたり
枯れ葉が付いていた木が多かったせいか
何となくしっくりした風景に思いませんでした。
 本日のように
木の幹や枝だけの所に雪が降ると
何となく落ち着いた風景に感じませんか。

白骨温泉は
このような水墨画のような風景が似合うように思います。

ページ移動

 
つり橋の宿 山水観 湯川荘 〒390-1515長野県松本市安曇白骨温泉4196 TEL (0263)93-2226 FAX (0263)93-2321mail@sansuikan-yu.com
白骨温泉 湯川荘 予約電話 0263-93-2226
予約申し込み お電話お問い合わせ先 TEL.0261-83-2332